スキー用品をレンタルする時は申込みが必要

スキー用品をレンタルする時は申込みが必要 スキー用品店からスキーウェアやスキー板、ストックなどのレンタルをする際には、使用する日より前に申込みをしなければなりません。
店頭での申込みの際には、借りたいスキー用品をレジで提示し、氏名、住所、電話番号、返却予定日などを伝えて、料金を支払います。
このとき、手続きをしたその日にスキー用品を使用しない場合は使用開始日を伝えて、当日に店まで取りに行きます。
一方、インターネット上でのレンタル申込みは、品物の受け渡しは店が指定する宅配業者を通じて行われますが、基本的には店頭で申し込むときと同じ流れで進みます。
ただし、注文を完了しても料金を払い込まなければ発送は開始されず、払込期間が過ぎてしあうと注文は自動的にキャンセルになってしまうので注意が必要です。
なお、店によってはレンタルを申し込む際に、保険への加入をすすめられることがあります。
借りたスキー用品が破損したり、盗難にあうと、店から弁償するよう求められますが、保険に加入しておけば弁償が必要となった場合に補償金が支払われて、そのお金を弁償のための費用にあてることができるようになります。
ただし、補償金には上限があり、上限を超える部分は自己負担となります。

スキー用品をレンタルする時は事前予約!

スキー用品をレンタルする時は事前予約! スキー用品は現地に着いたらレンタルするものと思っていませんか。
実は事前予約でスキー用品を確保する方法があります。
それがWEBレンタルです。
この方法をとると、割引価格で借りられることもあり大変お得です。
しかも、自分でじっくりスキー用品を選択することができるので失敗がありません。
行って借りようとしたら古くてボロボロのものしかなかったというようなことがありません。
最新のものをほんの少しの追加料金で確実に使用することができます。
セットでの申し込みもできますが、単品での申し込みも可能なので、必要なものだけ事前予約しておきましょう。
支払いもクレジットカードで事前決済できます。
予約するときに必要な情報は慎重や体重、ブーツのサイズなどです。
スキー用品店などに行き試着をして自分のサイズを確認しておくようにします。
試着は疲れる作業なので、ゲレンデに着いてからするよりも休みの日に家の近くのお店でゆっくりサイズ合わせするほうがはるかに楽です。